ブログトップ

Estrellas y Borrascas

campobase.exblog.jp

旭岳東稜

南八ヶ岳東面・旭岳東稜へ。

初日は「美しの森」からスタートし出合小屋まで。4月にしては積雪が多いですね。
a0153931_00251047.jpg
2日目。
旭岳東稜の末端までは出合小屋から20分ほど。東稜に上がるのに腰ラッセルで一苦労。
a0153931_00494815.jpg
稜線上もこの調子なら完登は難しすぎると思いましたが稜線に上がったら膝ラッセルになり一安心。

稜線上のビューポイントからの権現岳(左)と旭岳(右)。
a0153931_00494868.jpg
樹林帯を抜け雪壁を登って「五段の宮」の基部へ。ここからロープを結び合ってクライミング開始。
a0153931_00494968.jpg
雪が付いていないと岩場を避けて草付きを上がることができないので岩場を直登しなければなりません。
a0153931_00494957.jpg
「五段の宮」を越えると高度感満点のナイフエッジが待っています。
a0153931_00495018.jpg
気温が高すぎるために雪が不安定です。足場を作ろうとして雪面を蹴り込むとボロボロと崩れる有様。丁寧に突破して無事に旭岳山頂に立ちました。
a0153931_00495005.jpg
下降はツルネ東稜。雪面にズボズボと足を取られストレスフルな下降になりました。出合小屋から美しの森駐車場への道でも相変わらずズボズボとハマり午後は丸々スクワット状態。

日没後に駐車場に帰還しました。腰ラッセルとズボズボには苦痛を与えられましたが振り返ってみると変化に富んだ楽しいルートでしたね。

雪山ではそれなりに冷え込んで欲しいものです。




[PR]
by huascaran | 2017-04-05 20:00 | アルパインクライミング | Comments(0)
<< 木戸壁 のらぼう >>