ブログトップ

Estrellas y Borrascas

campobase.exblog.jp

カテゴリ:多汗症( 17 )

季節の代わり目と代償性発汗

雪山登山では心配していた足裏の発汗は皆無でしたが、一週間ほど前から突然、足裏の発汗が始まりました。季節の変わり目と関係あるのかな?今度は「あせも」が心配です。元々、足裏も多感症でして、過去には「あせも」のせいでマトモに歩けなくなったことがあるのです。

靴下の予備を何足も持って行く羽目になりそう。四季折々の試行錯誤が続きます。みずみずしい汗なので臭くならないのが幸いです。
a0153931_22344467.jpg

雨男なので今日も屋根の下で登りました。
[PR]
by huascaran | 2014-04-30 20:00 | 多汗症 | Comments(10)

代償性発汗 〜背中〜

手掌多汗症の左右両側手術後、時間の経過、季節の移り変わりと共に代償性発汗の部位が変化しています。
足裏の代償性発汗は少なくなったように感じる一方、背中が凄いことになっています↓
a0153931_21103155.jpg

背中が「多汗症」になっている状態。コットンのシャツはビショ濡れになってしまうので着れたもんじゃありません。
この数年、一部の登山者の間で評判になっているドライレイヤーと呼ばれる肌着がとても重宝しています。アンダーウェアの更に下に着るアンダーウェアなんですが、試しに着てみたら驚くほど快適でした。

涼しい季節になったら、また代償性発汗の部位が変わるかもしれません。これからも試行錯誤が続きます。
[PR]
by huascaran | 2013-08-03 21:00 | 多汗症 | Comments(0)

37℃

今日の松本の気温はなんと37℃…。

涼しいと評判の冠着山へ。坊城平は紫陽花が咲き乱れてました。
a0153931_18355930.jpg

手掌多汗症左右両側の手術後、初めて迎える夏ですが、春頃と比べると下半身の代償性発汗が凄まじいです。ズボンが汗で濡れて歩きにくいです。登山の時に限らず、夏用のアンダータイツを使用した方が良さそうです。
[PR]
by huascaran | 2013-07-12 18:00 | 多汗症 | Comments(0)

梅雨入り

もう梅雨に入っちゃいました。

午前中は激しい雨。
午後、雨が止んだのを見計らって、やっとこさスタッドレスからノーマルタイヤに交換。

心配そうにネコが見てました。
a0153931_20101880.jpg

野良ネコも見てました。
a0153931_20102011.jpg

雨は止んでたのですが、ズボンがビショ濡れです。交感神経手術後の下半身の代償生発汗が凄いんですよね〜。夏はどうなっちゃうんでしょう…。
[PR]
by huascaran | 2013-05-30 20:00 | 多汗症 | Comments(0)

多汗症 ファイナルのファイナル

「胸腔鏡下胸部交感神経遮断術」という長い名前の手術を受けました。局所多汗症の手術です。脇の下から内視鏡を突っ込んで背骨近くにある交感神経を焼き切ってもらいました。
a0153931_152972.jpg

昨年12月に右側の交感神経を切除したので、今回の手術で両手とも発汗が止まりました。
足裏や背中の発汗量が多くなると思われますが、夏に岩登りができるようになります。
a0153931_1529955.jpg

[PR]
by huascaran | 2012-12-24 23:00 | 多汗症 | Comments(0)

相変わらず左手が…

今日は屋外にある人工壁で確保と懸垂下降を繰り返し練習しました。
a0153931_16423138.jpg

練習後は左手から汗が吹き出して止まりません…。これは酷い!
a0153931_16423296.jpg

道路脇の温度計は28℃。夏が思いやられます。
[PR]
by huascaran | 2012-06-15 16:00 | 多汗症 | Comments(2)

手術から半年

多汗症の手術から約半年が経過しました。

季節が変わり、だいぶ暖かくなりましたが、右手の発汗は、ほぼ止まっています。
今、気になっているのは左手です。昨年の今頃と変わらず、発作的に発汗しアッという間に掌がビショビショになります。
a0153931_23253380.jpg

秋には左側の手術を受けるつもりです。
[PR]
by huascaran | 2012-05-31 22:00 | 多汗症 | Comments(0)

手術から10日

交感神経の切除手術から10日経ちました。

今回は利き腕である右側のみ神経を切除したので右手の汗は皆無で、むしろドライハンドです。
a0153931_2152710.jpg

今のところ左手と両足裏からの代償性発汗が激しい状態ですが、それでも左手の発汗は手術直後と比べると減ったように思います。気掛かりなのは両足裏の汗ですね。グッショリしていることが多く、雪山での凍傷が心配です。
今後、良い方向に向かうことを期待します。

そして本日は医師に言われたとおり、顔面の代償性発汗の有無を確認しに「辛いカレー」を食べてきました。顔面からの汗は全くありませんでした!
ちなみにカレーは信州大学の近くにある「メーヤウ桐店」で頂きました。
a0153931_2152782.jpg

バイキングで満腹です。
[PR]
by huascaran | 2011-12-13 21:00 | 多汗症 | Comments(0)

多汗症の手術を受けました

ついに多汗症の手術を受けました。正式には「胸腔鏡下胸部交感神経節切除術」と言うのだそうです。

いろいろと検査を受けてから剃毛。今回は右側の交感神経の切除なので右側のワキ毛だけ剃ります。
a0153931_13453446.jpg

ここから内視鏡を背骨近くまで突っ込んで神経を焼き切ることになります。

そして、手術室へ。レントゲンの後、お医者さんたちに囲まれ麻酔を投与されたらテレビドラマ風に意識が遠のき、目が覚めたらベッドの上にいて手術は終わっていました。

私の場合、苦しかったのは手術のあとでした。胸筋と背筋が恐ろしく痛んで普段どおりの呼吸ができないのです。極度の筋肉痛といった感じです。
手術当日に退院しましたが、翌朝、目が覚めた時にはちゃんと呼吸できたので安堵しました。

今後、しばらくの間、様子を見て、代償性発汗がひどい場合には来秋に左側の神経も切除することになります。
[PR]
by huascaran | 2011-12-04 13:00 | 多汗症 | Comments(0)

多汗症ファイナルステージ

大学病院からの紹介状を持って、都内にある多汗症専門病院に行ってきました。

今回は高速バスを利用して東京に向かいました。新宿~松本は1日20往復もあるので都心に用事のある時はとても便利です。乗車したのは「神様のカルテ」ラッピングバスでした!これから病院に向かう身としては縁起がいいですね(映画を見ていないの内容は存じませんが…)。
a0153931_1131943.jpg

病院では数時間に渡り、多汗症手術についての説明と診察を受けました。説明では内視鏡による交感神経切除手術に伴うリスクの話が中心でした。手術を施す医師からリスクについて話を聞くと、気軽な気分で受けられる手術ではないという現実にぶつかり、緊張感が増しました。手術にかかる時間は、ほんの10分程度だそうですが…。

来月、手術を受けます。登山に限らず、手が塗れていることで被る数々のストレスから解放されたいのです。
[PR]
by huascaran | 2011-11-18 23:00 | 多汗症 | Comments(0)