ブログトップ

Estrellas y Borrascas

campobase.exblog.jp

カテゴリ:アイスクライミング( 63 )

プロジェクト

現在進行中。

a0153931_13014455.jpeg

地域活性に貢献できますように。

[PR]
by huascaran | 2017-11-30 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

上高地〜中千丈沢

上高地でアイスクライミング。

坂巻温泉の駐車場から歩行開始。釜トンネルまでは約30分。
a0153931_14022882.jpg
大正池から穂高を眺めるも吊尾根は雲の中…。
a0153931_14022863.jpg
中千丈沢へ入ると積雪が多くラッセルになりました。「Z」の滝あたりを目指していたのですが辿り着けそうもありません。途中で引き返し、大正池から一番近い「サイドワインダー」に行くことにしました。こちらも楽ではないアプローチ。
a0153931_01092653.jpg
ようやく「サイドワインダー」が見えてきましたがズボズボとハマって中々、辿り着けません。
a0153931_14022979.jpg
どうにか一本登って終了。とりあえず登れただけで満足です。
a0153931_14023035.jpg
大正池に下山したところで日没となりました。雪に苦しめられましたが、終わってみれば充実した一日になりました。


[PR]
by huascaran | 2017-03-22 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

3ルンゼ右の滑滝

荒川出合アイスクライミング2日目は3ルンゼ「右の滑滝」へ。

本命は「夢のブライダルベール」でしたが、前日の疲れがとれず次回に持ち越し…。

「夢のブライダルベール」。
a0153931_12172055.jpg
写真では伝わりませんがスケールが大きいです。

「夢のブライダルベール」を左手に見て「右の滑滝」へ。
a0153931_12172135.jpg
昨日の「アーリースプリング」はビショビショでしたが、「右滑」は快適そのもの。
a0153931_12172138.jpg
昨日の下降時のトラブルを踏まえ左岸の尾根を慎重に懸垂下降。すんなり取り付きに戻れました。

テントを撤収して退散。10キロのアスファルトの林道歩きで靴擦れになりました(涙)。荒川出合のアプローチでは雪がない場合にはアプローチシューズが適しています…。痛い。


[PR]
by huascaran | 2017-02-27 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

アーリースプリング

二日間の行程で南アルプス荒川出合周辺のアイスクライミングへ。

荒川出合周辺には100メートル超の氷瀑が点在しています。2ルンゼを通過して3ルンゼへ。

ハードルートの「夢のブライダルベール」と入門的な「右の滑滝」の間にかかる氷結が稀な「アーリースプリング」が上から下まで氷結しているのが確認できました。「右の滑滝」には日帰りと思われる先行パーティーが取り付いていたので「アーリースプリング」にトライ!
a0153931_11571104.jpg
取り付いてみると氷の表面には水が滴っていました。溶けやすいのでしょうね〜。氷は柔らかくアックスはシッカリ効いていますが抜くのも手間がかかります。
a0153931_11571299.jpg

びしょ濡れになりながら3ピッチ登って完登。

「ブライダルベール」との間の急峻な藪尾根を下降しましたが、核心はココでした。ブッシュでロープの連結部分が引っかかり登り返し…。シングルで短く懸垂する方が無難ですな。学びました。

下降に手間取りましたが日没前にテント場に戻れました。


[PR]
by huascaran | 2017-02-26 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

湯川渓谷2017

久しぶりに佐久の湯川渓谷へ。
a0153931_23130162.jpg
日向の氷柱はビショビショで登れる気配なし。白髪エリアの右岸は日陰なのでどうにか登れました。
a0153931_23130244.jpg
週末は相当な数の人が登っているのでしょう。蹴られて穴だらけでした。



[PR]
by huascaran | 2017-02-15 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

相沢奥壁

西上州・荒船山へ。

相沢奥壁大氷柱には先客がいらっしゃいました。デカいの一言ですね。
a0153931_01441525.jpg
左に移動して「エイプリルフール右」を登りました。見た目より傾斜があって登り甲斐がありました。氷結状態は最高でした。週末は順番待ちになりそうですね。
a0153931_01441535.jpg

「エイプリルフール」を懸垂下降しました。
a0153931_01441648.jpg
こちらも見た目より難しそうです。

このところ毎週のようにアイスクライミングに出掛けているのでムーブは良くなったのですが、昨年来のクライミング練習不足で持久力がありません。



[PR]
by huascaran | 2017-02-10 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

吾妻渓谷

サッと登ってサッと通過するつもりで吾妻渓谷へ向かったのですが、八ッ場ダムの工事車両が出入りしている影響で不動の滝に立ち入ることができませんでした。

橋から見た不動の滝。
a0153931_01383916.jpg
滝の音がジャージャー聞こえました。氷は薄そうで、橋の上から見ても氷の向こうに水が流れているのが分かりました。滝のコンディションは別にして、週末は工事が休みのようなので立ち入れるかもしれません。

荒船山の麓・下仁田へ移動。
神津牧場でホットミルクをいただきました。冬季限定サービスだそうです。ご馳走様です。
a0153931_01383996.jpg
夕食は下仁田カツ丼。
a0153931_01384067.jpg

醤油煮のカツで、信州のソースカツ丼よりさっぱりしています。

宿は道の駅・下仁田です(←車中泊ですよ)。西日本や日本海側は天気が大荒れのようですが下仁田は月が明るく平穏な夜でした。


[PR]
by huascaran | 2017-02-09 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

夏沢鉱泉アイスギャラリー

八ヶ岳の山小屋・夏沢鉱泉さんが、その周辺の氷瀑をウェブサイトで紹介して下さっています。その名は「アイスギャラリー」。

紹介されている中からG4(ギャラリー4の略だそうです)に行ってみました。
「醤油樽ノ滝」登山道入口の手前10分ほどのところにあるの駐車場スペースから歩行開始。夏沢鉱泉で目的のG4の位置を確認させていただきました。
a0153931_01002584.jpg
二つ目の赤テープがG4の目印とのことでした。実際に行ってみると降雪後ということもあり小さな沢は雪に埋もれていて赤テープが無かったら気付かずにスルーしてしまうところでした。沢に入って僅か10分のアプローチのはずでしたが、沢は雪で埋まっていてラッセル。夏沢鉱泉から1時間以上かかりました。
a0153931_01002506.jpg
目の前の氷瀑になかなか辿り着けずジラされました。
a0153931_01002678.jpg
南沢小滝の傾斜を緩くした感じです。氷結は良好!繰り返し何度も登って動作を身につけました。
a0153931_01002719.jpg
ラッセルのおかげで山一つ登ったような疲れ方で満足感を得られました。

できることなら夏沢鉱泉に宿泊したいですね。

[PR]
by huascaran | 2017-02-06 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

カモシカルンゼ2017

今シーズ2回目の芦安でのアイスクライミング。本日はカモシカルンゼへ。

駐車スペースから40分でトリコルネ。上部に大きな亀裂が走ってますね。崩壊の兆し⁈
a0153931_10290206.jpg
トリコルネを通過して10分でカモシカルンゼF1に到着。
a0153931_20032532.jpg
中間部が核心部になりますが、右寄りの易しめの部分は水が滴っていてグシャグシャのシャンデリアになっていました。
F3まで登って下降後、日没間際までF1をトップロープで反復練習しました。日が長くなりましたね。

帰り際に見たトリコルネ。
a0153931_20003039.jpg
朝より亀裂が大きくなりましたかね⁈

[PR]
by huascaran | 2017-02-02 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

トリコルネ

芦安・上荒井沢の氷瀑を偵察に。

韮崎の市街地は雪が全くなく、無駄足になるかもと思ったのですが、桃ノ木温泉まで上がると一面が雪に覆われてました。
a0153931_18573911.jpg
車を止めて、崩壊した林道を歩いてアプローチ。

トリコルネ。
a0153931_18574058.jpg
しっかり氷結してるじゃありませんか!

登らない手はないですな。
a0153931_18574102.jpg
練習不足もあってトリコルネでの反復練習で満腹&時間消化となりました。カモシカルンゼなどは確認せず帰宅しましたが多分、状態良好でしょう。

今シーズンは標高の低いエリアの氷も期待できそうですね。


[PR]
by huascaran | 2017-01-21 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)