ブログトップ

Estrellas y Borrascas

campobase.exblog.jp

Mt.エディス・キャベル東稜

雨ばかりで心が折れそうですね。
登ったことのあるカナディアンロッキーの山なども紹介させていただきます。

まずはMt.エディス・キャベル(3363m)。ジャスパー国立公園の象徴とも言える岩峰です。
a0153931_116064.jpg

正面に見えている大きな岩壁は北壁です。1961年にパタゴニアの創始者としても有名なY・シュイナードらが初登しています。エベレストでの遭難を描いた‘Into Thin Air’の著者J・クラカワーも北壁にルートを開いています。
私が登った東稜は1924年にロッキーの伝説的なガイド、C・ケインが顧客とともに初登したクラシックルートで、現在のレベルから考えると難易度は高くなく、危険度も低いので人気ルートになっています。写真の左側のスカイラインが東稜です。
とても良く整備されたキャベル・メドウのトレールを歩いてアプローチすることになりますが、途中でピカ(ナキウサギ)に出会いました。
a0153931_118213.jpg

東稜の基部まではスクランブル(せいぜい手を添える程度の登高)で登っていけますが、基部に立って東稜を見上げると意外と急峻だったので緊張しました。
a0153931_1183711.jpg

しかし、実際に取り付いてみると、とても安定した岩質で景色を楽しみながらグイグイと登ってゆく喜びを感じることができました。
a0153931_1192613.jpg

下界から見上げていたエンジェル氷河を上から見下ろすことができるのは圧巻です。
a0153931_120387.jpg

雪の付いた岩稜から這い上がると西峰の山頂でした。
a0153931_1252168.jpg

最高点の東峰はすぐそばです。山頂からはランパーツと呼ばれる岩峰群が間近に見え、彼方にはロッキーの最高峰ロブソン(3954m)が見えました。
a0153931_1205823.jpg

a0153931_122646.jpg

縦走を目指して下山時はスクランブルルートの西稜を下降しましたが、これが長くてバテバテになりました。14時間の連続行動になってしまいました。東稜を懸垂下降するのが妥当だと思われます。
[PR]
# by huascaran | 2010-05-28 01:31 | 海外 Overseas | Comments(2)

自転車旅行 ~パタゴニア~

「エスタンシア」と呼ばれる巨大な牧場にある「羊飼い」たちの宿舎に泊めてもらいながらパタゴニアを南下しました。宿舎では決まって羊肉を恵んでもらいました。羊飼いたちの食事はいつも羊肉だそうです。とても美味しく骨までしゃぶらせていただきました。
a0153931_0554387.jpg

平原地帯では場所によって強風が凄まじく、吹き飛ばされないように気を付けながら自転車を押して歩いたりもしました。
[PR]
# by huascaran | 2010-05-27 00:47 | 海外 Overseas | Comments(0)

自転車旅行 ~アルゼンチン その2~

ペルーで強盗に襲われ登山道具を失っていたのでアコンカグアに登ることができませんでしたが、せめて南壁を近くで眺めてみようと思いプエンテ・デル・インカに自転車を置いてトレッキングにでかけました。
a0153931_2216634.jpg

巨大な南壁は写真におさめるのがやっと。すごい迫力です。
a0153931_22164020.jpg

最近は海外からのトレッカーが増えて医療体制や救助体制が整備されたようです。

トレッキングの後は国境を越えてチリのサンチアゴへと下りました。延々と下りが続き楽チンでした。
[PR]
# by huascaran | 2010-05-26 22:24 | 海外 Overseas | Comments(0)

自転車旅行 ~アルゼンチン~

アルゼンチン西部、アンデス山麓の高原地帯は地中海性気候。日差しが強くて皮膚が焼け爛れました。
a0153931_1121098.jpg

地方都市や町でもセントロ(町の中心部)近くにキャンプ場があったり、夕方になると、どこからともなくサッカー場にキャンプを始めるアルゼンチン人の若者たちが集まってきたりしました。
テントと寝袋を持って旅行することが根付いている国を旅するのは快適でした。

南下するほど景色は寒々しくなっていきました。
[PR]
# by huascaran | 2010-05-26 01:15 | 海外 Overseas | Comments(2)

カタクリ

日本ではカタクリの見頃は3月から4月頃ですが、冬の長いカナディアンロッキーでは6月頃が見頃になっています。

日本のカタクリは紫色ですが、
a0153931_0561935.jpg

北米のカタクリは黄色です。葉は上向きで斑模様がありません。
a0153931_0582455.jpg

ロッキーでは'Glacier Lily'(氷河のユリ)と呼ばれています。

そしてカタクリの球根は冬眠から目覚めたクマたちの大好物。
…というわけでカタクリの群落を見にハイキングに出掛けると、クマに遭遇する確立も高くなります。バッファローベリー(グミ)やキニキニック(コケモモ)などの自生しているエリアも要注意。

バッファローベリーに夢中のクロクマ
a0153931_1172114.jpg

クライマーもハイカーもクマの好きな植物を知っておく必要があります。
[PR]
# by huascaran | 2010-05-24 01:24 | 海外 Overseas | Comments(0)