ブログトップ

Estrellas y Borrascas

campobase.exblog.jp

志賀高原

2日間、志賀高原で行われたJMGAの研修に参加してきました。雪山での安全管理がテーマでした。
a0153931_20195077.jpg
初日は午前中に机上講習、午後に埋没者の捜索、救出、搬送など。使う機会はない方が良いですが、身につけておかなければならない技術です。
a0153931_00413495.jpg
2日目は雪山でのナビゲーション、引き上げ、引き下ろしなどを行いました。

反復トレーニングで安全管理技術を確実に身につけなければと感じてばかりの密度の濃い2日間でした。



[PR]
# by huascaran | 2017-03-07 20:10 | Comments(0)

高見石と白駒池

ガイド仲間の木元康晴さんがインフルエンザになり、急遽、代役で北八ヶ岳をご案内してきました。「掛布の代打に川藤」といった感じ(⁈)。ガイドはもう一人、山岳ライターでもある小林千穂さん。ご一緒するのは2012年3月の北岳以来です。

初日は渋ノ湯から賽の河原を経て高見石へと向かいました。渋ノ湯登山口は天狗岳、麦草峠、高見石へと向かう登山者で賑わっていました。天気も良いし寒がらずに雪山を楽しむには絶好の日和です。

賽の河原地蔵。
a0153931_23043226.jpg
緩い登りが続く賽の河原。
a0153931_23043248.jpg
高見石小屋に到着後、白駒池まで往復。
a0153931_23043377.jpg
凍結した白駒池に雪が積もり見事な雪原になっています。雪原を見たら誰でも大の字に倒れこみたくなりますよね!

高見石小屋に戻り初日の行動は終了。2日目は高見石からの御来光でスタート。素晴らしい朝です。
a0153931_23043385.jpg
左下の雪原は昨日見てきた白駒池。今日も良い天気になりそうです。

事情により私は一旦、渋ノ湯に下ってから黒百合平へ登り、中山展望台経由で歩いてきた皆様と合流。
a0153931_23043406.jpg
小屋前は登山者で賑わっています。空は真っ青だし気分が良いですな〜。

無事に渋ノ湯へと下山し北八ヶ岳雪山トレッキング終了しました。インフルエンザにはくれぐれもご注意を!






[PR]
# by huascaran | 2017-03-04 20:00 | 山歩き | Comments(0)

春近し

岐阜の瑞浪屏風岩へ。
瑞浪市は恵那市のお隣り。愛知県の豊田市とも隣接しています。

暖かいのでTシャツでも大丈夫。
a0153931_12341216.jpg
スラブとクラックの快適な岩場。まるでクライミングのための公園のようなところでした。利用しているクライマーの皆さんの努力の賜物ですよ。
a0153931_12323055.jpg
岩場のテラスでお昼寝したくなりました。瑞浪は春ですな。

[PR]
# by huascaran | 2017-02-28 20:00 | フリークライミング | Comments(0)

3ルンゼ右の滑滝

荒川出合アイスクライミング2日目は3ルンゼ「右の滑滝」へ。

本命は「夢のブライダルベール」でしたが、前日の疲れがとれず次回に持ち越し…。

「夢のブライダルベール」。
a0153931_12172055.jpg
写真では伝わりませんがスケールが大きいです。

「夢のブライダルベール」を左手に見て「右の滑滝」へ。
a0153931_12172135.jpg
昨日の「アーリースプリング」はビショビショでしたが、「右滑」は快適そのもの。
a0153931_12172138.jpg
昨日の下降時のトラブルを踏まえ左岸の尾根を慎重に懸垂下降。すんなり取り付きに戻れました。

テントを撤収して退散。10キロのアスファルトの林道歩きで靴擦れになりました(涙)。荒川出合のアプローチでは雪がない場合にはアプローチシューズが適しています…。痛い。


[PR]
# by huascaran | 2017-02-27 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)

アーリースプリング

二日間の行程で南アルプス荒川出合周辺のアイスクライミングへ。

荒川出合周辺には100メートル超の氷瀑が点在しています。2ルンゼを通過して3ルンゼへ。

ハードルートの「夢のブライダルベール」と入門的な「右の滑滝」の間にかかる氷結が稀な「アーリースプリング」が上から下まで氷結しているのが確認できました。「右の滑滝」には日帰りと思われる先行パーティーが取り付いていたので「アーリースプリング」にトライ!
a0153931_11571104.jpg
取り付いてみると氷の表面には水が滴っていました。溶けやすいのでしょうね〜。氷は柔らかくアックスはシッカリ効いていますが抜くのも手間がかかります。
a0153931_11571299.jpg

びしょ濡れになりながら3ピッチ登って完登。

「ブライダルベール」との間の急峻な藪尾根を下降しましたが、核心はココでした。ブッシュでロープの連結部分が引っかかり登り返し…。シングルで短く懸垂する方が無難ですな。学びました。

下降に手間取りましたが日没前にテント場に戻れました。


[PR]
# by huascaran | 2017-02-26 20:00 | アイスクライミング | Comments(0)