ブログトップ

Estrellas y Borrascas

campobase.exblog.jp

天狗岳西尾根

八ヶ岳の天狗岳へ。
山頂に至るルートがいくつかありますが、今回は唐沢鉱泉から入山し西尾根を登って天狗岳に登頂、黒百合平へ下ってから唐沢鉱泉に戻る周遊ルートを歩きました。

西尾根に雪はなくスムーズに山頂へ。週末ということもあり賑わっていました。
a0153931_00470296.jpg
黒百合平へは擂鉢池経由で。擂鉢池は絶好の撮影スポット。
a0153931_00470361.jpg
黒百合平。
a0153931_00470331.jpg
ヒュッテ前のベンチでランチタイム。

黒百合平から渋の湯・唐沢鉱泉分岐まで登山道は沢のように雪解け水が流れているか、雪道かのどちらかという感じ。分岐から唐沢鉱泉までは雪は全くありません。

唐沢鉱泉近くにある源泉。触ってみましたが「水」と変わらぬ水温でした。
a0153931_00470420.jpg
お客様が健脚だったので予定より早く唐沢鉱泉に帰着できました。新緑の季節は汗びっしょりにならずに歩けて爽やかですね。

[PR]
# by huascaran | 2017-05-27 20:00 | 山歩き | Comments(0)

美ヶ原

深夜から降り続く雨の中、美ヶ原へ。今日も中学生たちと歩きます。

午後には雨が止みそうなので出発時間を遅らせました。桜清水コテージから歩き始めキフネコースへ。しばらくは急な道ですが足場は良く歩きやすいです。いつの間にやら雨は止み見通しが良くなりました。
a0153931_19464343.jpg
王ヶ頭から牧場を歩いて美しの塔へ。王ヶ頭では疲れ切っていたはずなのに美しの塔では大はしゃぎ。体力が温存されているのが不思議。
a0153931_11112626.jpg
山本小屋まで歩いて登山終了。

雨はいつでも降ってきます。雨具と防寒具は忘れずに!

[PR]
# by huascaran | 2017-05-25 20:00 | 山歩き | Comments(0)

上高地

まだ寝ているキャッツを尻目に上高地へ。
a0153931_19292785.jpg
本日は中学生たちとハイキングでした。今にも雨が降り出しそうな空模様でしたが、結局、雨具は使わずに済みました。
a0153931_19292725.jpg
高曇りで穂高の稜線が見えただけでも良しとしましょう…。この景色が学生さんたちの記憶に残り、いつのひか再訪していただけたら幸いです。
[PR]
# by huascaran | 2017-05-24 20:00 | 山歩き | Comments(0)

毛勝三山縦走(2)

毛勝縦走二日目は雲一つない朝を迎えました。釜谷山から猫又山へと縦走し猫又谷を下ります。

稜線はあまりの絶景に溜息ばかり出てしまいます。
a0153931_01181725.jpg
大きな雪庇が雪の多さを物語っています。
a0153931_01181772.jpg
猫又山から見た釜谷山、毛勝山の稜線↓
a0153931_01181821.jpg
剣岳の迫力に圧倒されます。北方稜線や小窓尾根を目で追いながら暫し休憩。
a0153931_01181839.jpg
猫又谷を下ります。富山湾越しに能登半島も見えています。
a0153931_01181917.jpg
毛勝谷と比べると傾斜は緩く安全。谷を下りきったあたりから猫又谷を振り返る↓
a0153931_01181964.jpg
もう下山したも同然。…と思いきや林道歩きが結構長いですね。

ぐるりと周遊して車を停めたゲートにリターン。毎年の恒例行事にしたいと思うほど絶景度ピカイチのコースでした。毛勝最高!


[PR]
# by huascaran | 2017-05-19 20:00 | 山歩き | Comments(0)

毛勝三山縦走(1)

剣岳の北に聳える毛勝三山を縦走してきました。残雪期ならではのルートです。

初日は片貝山荘手前のゲートから歩行開始。堰堤付近のスノーブリッジの崩壊、谷の両側からの雪崩と落石に注意しなから登ります。気が休まりません。
a0153931_00494630.jpg
毛勝谷を詰めて稜線に上がると剣岳、後立山連峰の絶景が視界に入り、ここまでの労が報われました。
a0153931_00494783.jpg
毛勝山山頂にチェックイン。
a0153931_00494729.jpg
高級ホテルにも劣らないロケーション。日帰りで縦走している方もいらっしゃるようですが、テント泊の方が内容が充実するでしょう。
a0153931_00494871.jpg
明日は絶景の稜線歩き!

[PR]
# by huascaran | 2017-05-18 20:00 | 山歩き | Comments(0)