ブログトップ

Estrellas y Borrascas

campobase.exblog.jp

大学病院

紹介状を持って大学病院へ。呼吸器外科で多汗症治療の外科手術についてお話を伺ってきました。
a0153931_3143149.jpg

交感神経を切除する手術を行うことで掌の多汗症を治すことは可能だが、代償性発汗の可能性大とのこと。簡単に言うと、掌から出ていた汗と同量の汗が足裏や腋の下から出るようになるケースが多いということです。
プラスの面、マイナスの面ありますが日常生活での支障を考えると受けるべきかなと思います。

病院での待ち時間が長過ぎて空腹をこらえきれなかったので、診察の後、以前から気になっていたカレーの「メーヤウ」に直行しました。
a0153931_3143151.jpg

「満腹中枢が満たされるまでの最初の20分間が勝負」というタクティクスを実践しました。家まで歩いて帰るのが苦しかったです。
[PR]
by huascaran | 2011-07-19 20:00 | 多汗症 | Comments(0)
<< 滝子沢左俣 アボカドⅡ その7 >>