ブログトップ

Estrellas y Borrascas

campobase.exblog.jp

裏妙義・木戸壁

気になっていた裏妙義の岩壁を登ってきました。木戸壁の右カンテというルートです。

アプローチは国民宿舎裏妙義からスタート。「丁須の頭」へと向かう籠沢登山道を40分ほど歩くと右手に大きな岩屋が出てきます。ここが木戸壁の基部にあたります。基部沿いに右に向かって踏み跡を20メートルほどトラバースすると「右カンテ」の取り付きです。

神経を擦り減らしながら妙義特有の脆い岩壁を確実な三点支持で登ります。岩はザラザラで摩擦が強くロープの流れが悪い!

こちらは3ピッチ目。松の木のテラスを目指します。
a0153931_20562729.jpg
こちらは4ピッチ目。高度感まずまず!
a0153931_20562628.jpg
5ピッチで終了し、同ルートを懸垂下降。ロープが引っかかりやすいので短めに5回に分けて降りました。

ロープレングスで100メートルほどなので長いルートではないのですが、お腹いっぱいな感じがするのは妙義特有のドキドキ感のお蔭でしょう。今日は一日中、青空が広がり、やっと梅雨明けしたような気分になりました。ほんと今年の夏は雨ばかりでしたからね〜。
[PR]
by huascaran | 2014-09-13 20:00 | アルパインクライミング | Comments(0)
<< 三才山・烏帽子岩 思い出の丘 >>